合気道の一教、表と裏などの基本の大切さなどについて詳しく紹介しています。

合気道の一教

合気道上達革命~技と受け技術の全て~【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】・トップイメージ

固め技の基本である一教は、手刀で打ってきた相手の腕を取って、肘を返すことで相手の脇腹を伸ばして腹ばいに抑えこんでしまう技です。

別名は、腕抑えとも呼ばれています。

合気道の基本としてとても大切な技です。

初心者の方は一番はじめに身につけるようにしたい技です。

続きはコチラ  合気道上達革命

一教の表と裏

腰は相手の体の中心に向かうようにします。

自分の真正面を相手に向けて、対峙するように注意していくことがとても大切です。

また、一教には、表と裏があります。

一般的に、表は相手の体勢が崩れる事で直線で技が進行していく形ものです。

裏とは、相手の体勢は崩れないで、相手の勢いを利用して、背面に回りこむ態勢の事です。

表と裏は、分類が難しいところもありますので、表と裏の2種類の分類も難しいところがあります。

相手の力を上手く利用するために、相手の手刀の打ち込みの強さやスピードに応じて、捌きを変えていきます。

正面打ちに対する一教のやり方ですが、相手の攻撃の形に応じて、同じ一教と一言で言っても捌きがそれぞれに違ってきます。

それぞれの攻撃に対して稽古を積んで身に付けておく事が必要です。

合気道の一教を稽古するためには、合気道で使う体の動きを習得しておく必要があります。

続きはコチラ  合気道上達革命

技がかかるように改善していく事が大切

合気道上達革命~技と受け技術の全て~【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】・イメージ

合気道の一教は、基本的な動作の組み合わせです。

さらに、自分の動きだけではなく、相手の動作に対応して自分の動きも変えていくものですので、相対での稽古が必要となります。

相対での稽古で大切な事は、技がかかっていない状態で、技の流れを考えないで受けをしないことです。

このような稽古をしていると、技を身に付けるための稽古になりませんので、攻撃側にも受け側にも技術的な面での進歩はないです。

稽古で技がかからない時には、よく原因を考えて、技がかかるように考えて改善しながら稽古を続けていくようにするように注意する事が大切です。

続きはコチラ  合気道上達革命

焦らずに一つ一つ丁寧に稽古してマスターする

合気道の一教は、最初の技と呼ばれています。

合気道のかなり大切な動きが多く取り入れられていますので、動きは単純ですが、奥の深い難しい技です。

相手と正対して、最も接近した上で、相手の腕の扱い方をマスターする必要があります。

相手との間合いやタイミングの取り方などのいろいろな相手の動きに合わせて判断が必要になります。

一教をマスターするためには、沢山の事をマスターする事が必要ですので、焦らずに一つ一つ丁寧に稽古してマスターする事が大切です。

続きはコチラ  合気道上達革命

Page
Top
更新日時:12/12 07:30